> カテゴリ
全体
未分類
> フォロー中のブログ
> 岩手日報が「論説」で小沢氏引退勧告 「使命果たしたのでは」(産経新聞)
 民主党の小沢一郎前幹事長のおひざ元、岩手県で最大の約22万部を発行する「岩手日報」が16日、小沢氏に政界からの引退を促す「論説」を掲載し、注目を集めている。同紙は「読者からの反応は今のところない」としている。地元でも小沢氏の求心力に微妙な変化が起きているあらわれといえそうだ。

  [フォト]岩手で小沢氏辞任「残念会」 ビデオで「理想へ頑張る」

 タイトルは「『使命』果たしたのでは」。

 記事では、昨年の政権交代について「原動力を果たしたのは小沢氏」と評価した上で、「政治とカネ」問題への世論の「嫌悪感」や菅政権への期待を理由に、「どうだろう。この辺りで鳩山前首相と共に政界から身を引いてみては」と、小沢氏に引退を求めた。

 評論家の故江藤淳氏が生前、小沢氏に「帰りなん、いざ」と帰郷を勧めた産経新聞のコラムにも触れ、「すでに十分に『使命』を果たしたのではないか」と締めている。

 今月4日、盛岡市の民主党会合で映されたビデオレターで、小沢氏が参院選後に「先頭に立つ」と意欲を訴えたことにも言及。選挙後も「連立維持なら菅首相の続投が前提」という見方を示し、小沢氏の発言に「不可解だ」と疑問を投げかけた。

 さらに、「不意の『ハト鉄砲』を食らって冷静な判断ができなかったか」「『しばらく静かにして』と注文した菅首相の言葉に心を乱したのか」と小沢氏の心境を分析している。

 岩手日報によると、「論説」は社の意見を訴える各紙の「社説」(産経新聞は『主張』)と性格がやや異なり、5人の委員が署名入りで執筆している。毎週末に論説委員会を開き、次週のテーマを話し合う。掲載前に委員が回し読みし、切り口などを手直しするケースはあるものの、基本的に筆者の見解が尊重されるという。

 今回の筆者は、編集局長などを経て、3月末まで論説委員長を務めた宮沢徳雄委員。論説・制作担当の常務も兼ねている。

 宮沢氏は、産経新聞の取材に、「各種の世論調査で『政治とカネ』など古い自民党的な体質に国民が嫌気を感じているのは明らか。地元に『小沢首相』待望論があるのは承知しているが、菅首相就任で民主党支持がV字回復しているのが現実。小沢氏は身を引くチャンスだと思う」と執筆の意図を説明した。

 宮沢氏によると、今回の記事で、他委員から反論はなかったという。

【関連記事】
民主・高嶋氏、小沢氏再登板期待「もう一度、一肌脱いでしかるべき」
ダブル選で牽制、論戦から「逃げ菅」 小沢氏もびっくりの選挙至上主義
民主、静岡は一本化せず 「共倒れの危機低い」
志位共産委員長「菅首相は中身は支持されていない」 脱小沢の演出だけ
社民が小沢氏地元で“反乱” 連立離脱受け参院選独自候補

菅政権で日米合意履行=沖縄の負担軽減も重要―岡田外相(時事通信)
小沢問題「菅節」不発、国交相は「自ら説明を」(読売新聞)
化学工場で8人負傷=塩酸漏れる―千葉(時事通信)
<火災>焼け跡から子供3遺体 北海道・苫小牧(毎日新聞)
<口蹄疫>自民政調会長、参院選延期を要請(毎日新聞)
[PR]
by ta8fdtxi45 | 2010-06-16 19:16

歯科医ならば、これだけは守れ!
by ta8fdtxi45
> 最新のトラックバック
太田市 新田義貞像 盗難..
from 群馬県太田市情報ブログ
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> 記事ランキング
> ブログジャンル
> 画像一覧